『マネトレNavi』 ~人事のためのマネジメント研修会社探し~ » 管理職に求められる能力と課題 » 業務とマネジメントの両立

業務とマネジメントの両立

プレイングマネージャーについて

プレイングマネージャーとは

プレイングマネージャーとは、プレイヤーとして現場の最前線で活躍しながら、チームに所属する部下の指導・育成も兼ねる人材のことです。

一般的な管理職が部下のマネジメントや目標管理を行うことを主としているのに対し、プレイングマネージャーは、管理職としての業務を全うしながらも、個人の業績によって組織に貢献することが特徴です。

プレイングマネージャーの実情

学校法人 産業能率大学が2019年3月に実施した上場企業の課長に関する実態調査では、課長職の98.5%がプレイングマネージャーであり、ほとんどの課長職がプレイヤーとマネージャーを兼務しています。

また、プレイヤーとしての活動により、マネジメント業務に支障があると回答した課長職は全体の59%。業務の兼務に課題を抱えていることもわかりました。

グラフ
■調査期間…2019年3月20日~3月27日
■調査対象者…従業員数100人以上の上場企業に勤務し部下を1人以上持つ課長
■有効回答…714件

プレイングマネージャーの仕事内容

プレイヤーとしての目標達成

社員の一員として、個人目標を達成し組織に貢献しなければなりません。営業・販売系であれば新規顧客や販売ルートの開拓などが主な仕事になります。

チーム目標達成のための戦略策定・進捗確認

プロジェクトチームなどを成功に導くために、戦略を策定し、日々の進捗確認・管理を行います。

個々のレベルやスキルに応じた行動計画の立案やモチベーション維持のための取組も重要な仕事です。

部下の育成・指導

チームの部下を育成・指導することは、マネジメント業務の中でも重要な仕事です。

自らの経験をもとに、課題や苦難を乗り越えるための知識や教養を与えることにより、部下の成長を促します。

また、仕事面以外で個人的な相談に乗る必要もあり、パワハラに留意しながら叱咤激励する必要もあるでしょう。

プレイングマネージャーの求められるスキルと役割

マネジメントスキル

プレイヤーとして一流であっても、リーダーシップを発揮しチームを統率する能力に秀でているとは限りません。

プレイングマネージャーには、人や仕事の管理、コントロールしながら、現状分析からプロジェクト達成まで導くマネジメント能力が必須となります。

コミュニケーションスキル

チームや組織全体のパフォーマンスを向上するためには、チームメンバーとの緻密かつ望ましいコミュニケーションが必須となります。

相手の価値観や思想を受け入れながらも、主張すべきことはきちんと伝える力が必要。上司やクライアントとの折衝時にも柔軟なコミュニケーションが役立ちます。

プレイングマネージャーが成果を出すために必要なこと

プレイングマネージャーが確かな成果を出すためには、プレイヤー、マネージャー双方に課せられた業務の目的を理解し、確実に遂行する必要があります

個人業務にこだわることで業績を上げるとともに、チームに刺激を与えることも大切です。

一方、マネジメント業務でチーム全体の力を向上させる必要もあります。

目的によって、同じポストであってもプレイヤーとマネージャーの業務配分は異なるため、バランスを見極めることも大切です。

編集チームまとめ

プレイングマネージャーは、一社員としての業績を伸ばしながらもチーム全体のパフォーマンスを向上させなければならない大変な仕事です。

両立を図るためには、マネジメント能力やコミュニケーションスキルとともに、時間や仕事を管理する能力が必要となります。

THREE SELECTIONS
あなたの会社の状況はどれですか?
マネジメント研修会社おすすめ3社

マネジメント研修会社は、カスタマイズ型研修・パッケージ型研修・オンデマンド型研修がありますが、それぞれの会社で得意な研修形態が異なります。また、実施する研修形態や内容により、かかる予算も研修実施までの手間もさまざま。自社の状況に照らし合わせて会社を選ぶことで、後悔のないマネジメント研修を実施できるでしょう。

成果にこだわりたいならカスタマイズ
こんな会社におすすめ
  • 既存の研修に効果が
    感じられていない
  • 自社の理念やポリシーに
    合わせた研修をしてほしい

メリット

  • 自社の課題抽出から伴走してくれる
  • 自社に合わせたカリキュラムを
    設計できる

注意点

  • 課題抽出やカリキュラム作成に
    手間がかかる
   
手間をかけずに研修を提供したいならパッケージ
こんな会社におすすめ
  • 課題が見えており
    やりたい研修が決まっている
  • 管理職のレベルを一定に
    引き上げたい

メリット

  • 既にあるカリキュラムから選べて
    手間がかからない
  • 課題が明確だとピンポイントで受けられる

注意点

  • 一般的な内容になりがち
   
手軽に知識を習得するならオンデマンド
こんな会社におすすめ
  • 管理職が業務時間に
    研修を受けられない
  • 各自のペースで学習できる
    環境をつくりたい

メリット

  • 同じ研修をわかるまで何度も受けられる
  • 業務を止めることなく
    好きなときに確認できる

注意点

  • 成長が受講者の意思に依存する
   
 

選定基準:Google検索にて「マネジメント研修」と検索したときに表示される、マネジメント研修を行っている44社を調査。その中でも以下の要件に沿ってそれぞれ紹介しています。(2021年11月調査時点)
カスタマイズ...カスタマイズ研修を行っている中で行動定着率80%以上を唯一示している。
パッケージ...パッケージ研修を行っている中でマネジメント研修の種類が最も多い。
オンデマンド...オンデマンド研修を行っている中で、定額制研修の月額が最も安価。