『マネトレNavi』 ~人事のためのマネジメント研修会社探し~ » 管理職に求められる能力と課題

管理職に求められる能力と課題

管理職に求められるスキルには、業務遂行に不可欠な知識や技術に関連する「テクニカルスキル」のほか、問題や課題の本質を把握する「コンセプチュアルスキル」、対人関係を円滑にする「ヒューマンスキル」などがあります。このサイトでは、それらの中でも特に管理職に求められる能力・スキルとして以下について詳しくまとめています。

  • 業務とマネジメントの両立
  • 部下育成
  • 年上部下とのコミュニケーション

業務とマネジメントの両立

業務とマネジメントの両立について紹介しています。プレイングマネージャーは、個人の実績にこだわりながらも、その一方でチームの業務管理や人材育成などのマネジメント業務も兼ねる役職のこと。2つの業務パワーバランスをとるのは簡単なことではなく、上司からはマネージャーとしての資質をより問われることも。

このページでは、プレイヤーとマネージャーを両立するために、求められる仕事内容やスキル、役割などについて説明しています。

業務とマネジメントの両立について
もっと見る

部下育成

管理職による部下育成についてまとめています。

部下育成は管理職の重要な責務のひとつであり、マネジメント研修でも核となるもののひとつです。対象が若手社員か中堅社員かによっても、指導の内容や手法は異なるもの。社員の自主的な成長を目的とするのであれば、緻密な計画や心構えが必要です。

このページでは、管理職が部下育成を行う際に、意識すべきことや役立つ取り組み方の種類などについて紹介しています。

管理職の役割
部下育成についてもっと見る

年上部下とのコミュニケーション

年上部下とどのようにコミュニケーションをとればいいのかについて解説。

従来、日本の職場は年功序列が当たり前でしたが、加速する超高齢化社会や再雇用の増加などにより、年上部下は増加傾向にあります

業務経験だけでなく人生経験も豊富な年上部下にはついつい遠慮しがち。このページでは、年上部下増加の背景とともに、どのように接すれば年上部下との望ましいコミュニケーションが成立するのかについて紹介しています。

年上の部下との接し方について
もっと見る

THREE SELECTIONS
あなたの会社の状況はどれですか?
マネジメント研修会社おすすめ3社

マネジメント研修会社は、カスタマイズ型研修・パッケージ型研修・オンデマンド型研修がありますが、それぞれの会社で得意な研修形態が異なります。また、実施する研修形態や内容により、かかる予算も研修実施までの手間もさまざま。自社の状況に照らし合わせて会社を選ぶことで、後悔のないマネジメント研修を実施できるでしょう。

成果にこだわりたいならカスタマイズ
こんな会社におすすめ
  • 既存の研修に効果が
    感じられていない
  • 自社の理念やポリシーに
    合わせた研修をしてほしい

メリット

  • 自社の課題抽出から伴走してくれる
  • 自社に合わせたカリキュラムを
    設計できる

注意点

  • 課題抽出やカリキュラム作成に
    手間がかかる
   
手間をかけずに研修を提供したいならパッケージ
こんな会社におすすめ
  • 課題が見えており
    やりたい研修が決まっている
  • 管理職のレベルを一定に
    引き上げたい

メリット

  • 既にあるカリキュラムから選べて
    手間がかからない
  • 課題が明確だとピンポイントで受けられる

注意点

  • 一般的な内容になりがち
   
手軽に知識を習得するならオンデマンド
こんな会社におすすめ
  • 管理職が業務時間に
    研修を受けられない
  • 各自のペースで学習できる
    環境をつくりたい

メリット

  • 同じ研修をわかるまで何度も受けられる
  • 業務を止めることなく
    好きなときに確認できる

注意点

  • 成長が受講者の意思に依存する
   
 

選定基準:Google検索にて「マネジメント研修」と検索したときに表示される、マネジメント研修を行っている44社を調査。その中でも以下の要件に沿ってそれぞれ紹介しています。(2021年11月調査時点)
カスタマイズ...カスタマイズ研修を行っている中で行動定着率80%以上を唯一示している。
パッケージ...パッケージ研修を行っている中でマネジメント研修の種類が最も多い。
オンデマンド...オンデマンド研修を行っている中で、定額制研修の月額が最も安価。