『マネトレNavi』 ~人事のためのマネジメント研修会社探し~ » 管理職に求められる能力と課題 » 部下育成

部下育成

管理職が部下育成で意識するべきこと

部下が若手社員の場合

自らが手本となる

ビジネス慣れしていない若手社員は、上司の背中をみて仕事を体得するもの。

常に部下の手本になることを心がけて業務を行えば、部下は上司を信頼するとともに、模倣することにより好ましい行動や考え方を身に付けやすくなります。

上から目線で接しない

上司が常に上から目線で接していると、部下が反発するおそれがあります。部下の言動の背景を決めつけたり、人格を否定するような発言をしたりすることは、パワハラにもつながるため要注意。

主張や思想が誤っていても、まずは相手の発言に耳を傾け、人間性を尊重する姿勢を見せることが大切です。

怒るのではなく叱る

部下がミスをした際に、感情的に怒っても部下に真意は伝わりません。問題点が何であるのかを冷静に指摘しながら、理性的に叱ることが大切です。

怒りの感情だけをぶつけると、部下は委縮して主体的な行動をとれなくなることもあります。

小さい成果でも褒める

小さなことであっても、部下が成果を上げたときにはできたことを積極的に褒めることが大切です。褒められたことが達成感や自信につながり、次へのステップとなります。

部下の得意分野を見つけて巧みな指導により、能力を伸ばすことも管理職の大切な役割です。

部下が中堅社員の場合

責任あるポストでマネジメントスキルの基礎を培う

中堅社員は次期管理職候補でもあることから、単に自分の担当業務を遂行するだけでなく、主体的にチームを動かすリーダーシップを育成することが大切です。

プロジェクトリーダーなどの責任あるポストを積極的に任せてマネジメントスキルを身に付けさせましょう。

部下の教育・指導を任せる

中堅社員に部下や指導の教育・指導を任せることにより、リーダーとしての自覚を促すことができます。

若手職員への指導経験を積む中で、業務内容の再確認や上司、先輩という役割を自覚することができ、望ましい行動様式や責任感が持てるようになるでしょう。

任せる業務の幅を広げる

中堅社員には、普段の業務だけでなく、業務進行管理や組織管理など、幅広い多様な業務を経験させましょう。

これにより、代表として責任ある意思決定の仕方やプロジェクト管理など、マネージャーとしての資質や能力を育むことができます

管理職が部下育成に役立つ取り組み方の種類

OJTとOff-JT

OJTは、上司が現場での実践を通して直接指導する手法であり、部下に手本を見せて模倣させる方法など、その方法は企業によってことなります。

一方、Off-JTは、通常業務と離れた環境で教育を行うことであり、社内外の研修やセミナーなど、実施方法もさまざま。

外部の研修会社に依頼することにより、課題に即した質の高い研修を受けることができます。

1on1

上司と部下が一対一で行うミーティングのことであり、研修会社が提供する外部研修の手法となることもあります。

人事評価を目的とした面談とは異なり、上司と部下の対話を重視することが特徴。対等なコミュニケーションの機会を定期的に設けることにより、信頼関係の醸成、フィードバックにより成長を促すことが可能です。

コーチング

相手の自発的な成長を促すことを目的とした指導方法。知識やスキルを与える「ティーチング」とは異なり、相手の自主性やモチベーションを引き出すことが重要。

コーチには相手を適切に導くための技術や経験が必要であるため、管理職をコーチとして育成する必要があります。

編集チームまとめ

部下育成は管理職の重要な役割であり、心構えやスキルなどを持ち合わせていないと部下を成長させることはできません。

また、若手、中堅でも指導内容が異なるため、さまざまな部下育成の手法の中から、適切に選択して実施することが大切です。

THREE SELECTIONS
あなたの会社の状況はどれですか?
マネジメント研修会社おすすめ3社

マネジメント研修会社は、カスタマイズ型研修・パッケージ型研修・オンデマンド型研修がありますが、それぞれの会社で得意な研修形態が異なります。また、実施する研修形態や内容により、かかる予算も研修実施までの手間もさまざま。自社の状況に照らし合わせて会社を選ぶことで、後悔のないマネジメント研修を実施できるでしょう。

成果にこだわりたいならカスタマイズ
こんな会社におすすめ
  • 既存の研修に効果が
    感じられていない
  • 自社の理念やポリシーに
    合わせた研修をしてほしい

メリット

  • 自社の課題抽出から伴走してくれる
  • 自社に合わせたカリキュラムを
    設計できる

注意点

  • 課題抽出やカリキュラム作成に
    手間がかかる
   
手間をかけずに研修を提供したいならパッケージ
こんな会社におすすめ
  • 課題が見えており
    やりたい研修が決まっている
  • 管理職のレベルを一定に
    引き上げたい

メリット

  • 既にあるカリキュラムから選べて
    手間がかからない
  • 課題が明確だとピンポイントで受けられる

注意点

  • 一般的な内容になりがち
   
手軽に知識を習得するならオンデマンド
こんな会社におすすめ
  • 管理職が業務時間に
    研修を受けられない
  • 各自のペースで学習できる
    環境をつくりたい

メリット

  • 同じ研修をわかるまで何度も受けられる
  • 業務を止めることなく
    好きなときに確認できる

注意点

  • 成長が受講者の意思に依存する
   
 

選定基準:Google検索にて「マネジメント研修」と検索したときに表示される、マネジメント研修を行っている44社を調査。その中でも以下の要件に沿ってそれぞれ紹介しています。(2021年11月調査時点)
カスタマイズ...カスタマイズ研修を行っている中で行動定着率80%以上を唯一示している。
パッケージ...パッケージ研修を行っている中でマネジメント研修の種類が最も多い。
オンデマンド...オンデマンド研修を行っている中で、定額制研修の月額が最も安価。